2017/04/03 北海道電力 発送電を分離

ご質問・お問い合わせはお気軽にどうぞ
お電話は平日9時から18時まで
0120-978-105
見積り対応件数ダントツNo.1

新電力ニュース

【新電力ニュース】2017/04/03 北海道電力 発送電を分離
 北海道電力は、2020年度から事業持ち株会社への移行を検討していると発表した。発電や小売り営業などの部門を内部に持ちながら、別会社化される送配電会社の株式を保有する会社になる。電力会社は政府が進める電力システム改革の一環で、20年4月から送配電部門の別会社への分離が求められている。

 別会社化の前に、18年度から送配電部門を社内カンパニーにする。同日記者会見した真弓明彦社長は「(送配電部門の)自立経営へのトライアル。緊急時の安定サービスなど課題の検証にも時間が必要」と述べた。

 16年11月から始めた首都圏での電力販売については「複数の(契約の)合意が取れている」と明らかにした。販売を拡大するため、7人の担当からなる首都圏販売部を4月から設ける。

 一方、道内で2月末までに家庭など15万件を超える顧客が新電力に流出していることについては「危機的な状況だ」として、新たに設けた料金プランの営業などに力を入れるとした。