2018/03/20 新電シェア10%に、東北電管内 企業向けで急伸

ご質問・お問い合わせはお気軽にどうぞ
お電話は平日9時から18時まで
0120-978-105
見積り対応件数ダントツNo.1

新電力ニュース

【新電力ニュース】2018/03/20 新電シェア10%に、東北電管内 企業向けで急伸
東北電力エリアの東北6県と新潟県の販売電力量に占める新規参入事業者(新電力)の割合が、過去最高の約10%に上った。東北電の料金高止まりも背景に、電気を多く使う企業向けを軸に契約を急伸させている。電力小売り全面自由化から4月で2年。他の大手電力の越境営業も本格化し、「三つどもえ」の攻防が熱を帯びる。

 電気・ガス取引監視等委員会によると、家庭向けなどの低圧も含めて全面自由化した2016年4月以降の新電力のシェアはグラフの通り。17年12月の東北電エリアの販売電力量71億4944万キロワット時のうち、新電力は7億919万キロワット時となり、9.9%を占めた。

 他の大手電力管内の関西17.8%、北海道17.4%に比べれば小さいが、全国平均の12.7%に迫った。

 東北電エリアの新電力シェアを押し上げたのが、企業など大口向けの高圧(契約電力50キロワット以上、2000キロワット未満)の販売量増加だ。高圧は以前から自由化され、新電力は全面自由化した16年4月は4.9%だったが、17年12月には18.4%に達した。