2019/07/29 関西電力、最終増益に

ご質問・お問い合わせはお気軽にどうぞ
お電話は平日9時から18時まで
0120-978-105
見積り対応件数ダントツNo.1

新電力ニュース

【新電力ニュース】2019/07/29 関西電力、最終増益に
関西電力が26日発表した2019年4~6月期の連結決算は、純利益が前年同期比71%増の455億円だった。最終増益は4~6月として4年ぶり。燃料価格が下がるなかで、制度上電気料金への反映にタイムラグがあることが利益を押し上げた。企業向け販売電力量が増えたほか、減価償却方法の変更による費用減も寄与した。

売上高は7%増の7858億円で3年連続のプラスとなった。営業利益は53%増の590億円。小売り販売電力量が2.6%増と9年ぶりにプラスとなった。企業向けの「電力」が4.5%伸びた。原子力発電所の再稼働による値下げをきっかけに顧客を新電力から奪還する動きが続いた。一方、家庭向けの「電灯」は新電力の攻勢が根強く1.8%減った。

主に家庭向けの「関電ガス」は契約数が114万件に伸び、燃料価格反映の時差の影響もあって11億円の黒字になった。黒字は四半期ベースで初めて。

20年3月期の通期業績と配当の会社予想は据え置いた。